追手門学院幼稚園

ワクワク!おもちつき体験

 時折雪が舞う寒い日となった1月12日、PTA役員のみなさまのご協力のもと、園庭でおもちつきをしました。前日から水に浸しておいたもち米を蒸しはじめ、園庭には石臼を3つ設置し、杵も子ども用の少し小さめのものを用意し、準備は万端です。

 登園してきた子どもたちは、さっそく園庭にある石臼を見つけて興味津々のようすです。「おもちつき楽しみー。」「はやくペッタンペッタンしたいな。」などと口々にお話していました。

 全員が登園し終わった頃にもち米が蒸し上がり、いよいよおもちつき本番です。もち米がこねられておもちになっていくようすを遠目に見たあと、順番に実際の杵を2人ずつで持って一生懸命つきました。クラスのみんなが「よいしょ!」「よいしょ!」と大きな掛け声を出し、みんなじょうずにつくことができました。